ホーム » 実用英語

楽天社員のTOEIC平均スコアが急上昇↑日経ビジネス【アソシエ】

日経ビジネス【アソシエ】の2014年8月号を購入しました。
特集記事は「英語勉強法」でした。


なかでも気になったのは楽天のとりくみです。
楽天社員のTOEIC平均スコアが掲載されており

526,2点(2010年10月)
781,9点(2014年6月)

と4年で平均点が255,3点もアップしているではありませんか。
三木谷氏が社内公用語を英語にすると発表したのも当時は新鮮でしたが
確実にその成果がスコアにあらわれていますね。


もちろんTOEICでビジネスに必要な英語力の全てをはかることが
できないことを分かっていますが、ひとつの基準にはなります。
楽天社員に推奨されている教材も掲載されており、
非常に興味深い特集記事でした。

タグ / 楽天 英語

音声学習

『金持ち父さん 貧乏父さん』のオーディオブックを昨日、アマゾンで購入!

通勤時間を利用して英語の勉強です。
この勉強法は勝間さんの『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』に書かれてありました。通勤中は本よりも、音声教材のほうがやりやすいのではないかと思います。
何を聞こうかな?と考えていただけで実行に移していませんでした。
そこで、日本語で読んだ『金持ち父さん』がいい!と決めました。
まずは1日40分の通勤をこれにあてようと思います。

勉強を始める前のワクワク感はいいですね〜。これに酔いしれないように習慣化しなければ!!
今日は大学からの友達にあって近況報告してきます。
株の話を聞いてこようと思っています。

『語根中心英単語辞典』大修館書店

今日は語源のお話を・・・

@exact Areact Btransact

を語源で考えてみましょう!

まずはactという単語をしっていますか?
「アクションスター」ということばから、act=行動、(演劇の)幕
という意味を覚えましょう。

@はex+ actと考えます。
exは「exist=出口」から連想されるように「外」を意味します。
つまり、「外」+「行動」という式が完成します。
軍隊が外で行動する時は規律ある行動をしなければなりません。
与えられた任務を正確にこなさなければならないのです。
そこから、
「exact=正確な」という意味になります。

Aはre+actと考えます。
reは「return=もどる」から連想されるように「再び、後ろ」を意味します。
つまり「再び」+「行動」という式が完成します。
何かの行動に対して、こちらも行動するのです。
そこから、
「react=反応する」という意味になります。

Bはtrans+ actと考えます。
tansには「超える」という意味があります。
むかしトランスフォーマーというアニメがありました。
車から人型のロボットに変形する瞬間に「トランスフォーム!」と言います。
当時、少年だった私は母親にそのおもちゃを買ってもらい遊んだものです。
車⇒人というようになにかを「こえる」のですね。
そこから
「transact=取引をする」という意味になります。
モノが売り手を超えて買い手にたどりつくイメージです。

語源は簡単な単語から難しい単語まで幅広く存在します。
複雑な単語になるほど語源学習はその威力を発揮してしまいます。
今回は英検準2級レベルの単語をご紹介しました。
 

タグ /

『eラーニングによる新TOEIC TEST』

連休明け初の更新です。

パソコンを利用しての英語学習本の紹介です。
ネットを利用してTOEIC形式のテストが4回受けられます。
そのテストごとに復習課題が送られてきます。

強制的に学習したい人におすすめです。
本だと3日坊主で終わってしまう!という方
一度手にとってみてください。

◆この学習の良い所

間違えたところをすぐに音だしできる。
ワンクリックで間違えたところの問題が聞きなおせます。
解説はTOEIC公式本のような感じ。
その問題の重要語句がのっているのもいいですね〜。

◆この学習の良くない所

先読み学習ができません。放送が始まる前に、あらかじめ問題文を読んでおくという「先読み法」ができないのは残念!クリックして次の問題に移るという形式ですので仕方ありません。

試験の申込が面倒で、試験を受けたことのない方におすすめの一冊です。

タグ /

『TOEICテストスコアアップ131のヒント』

中村澄子さんの本です。
英語学習をしている方にはTOEICを目標にされている人が多いのではないでしょうか?
勉強法の本はたくさん出ていますが、この本はお勧めです。
この本とあわせて公式ガイドを購入されるといいでしょう。
 英検とことなりTOEICには過去問が存在しません。公式ガイドが過去問のかわりです。中村さんは、この公式ガイドを学習の中心にした学習法を提唱されています。
 資格試験の場合、過去問をテスト勉強の中心におくことは鉄則です。この本一冊でだいじょうぶ!という本はお得感はありますが、そういう本ほど得る利益は少ないと思います。
 本書では、この問題集はここが使える!というアドバイスがあり参考になります。
 大学生、社会人、主婦のみなさま、おすすめの一冊ですよ!
 
   ※50〜53ページは重要です。

タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。