ホーム » 日記

「知識の泉」へようこそ!

『知識の泉』ではコースにあわせたお役立ち情報を
みなさにご提供します。まずはその道のプロから学べ!
をモットーに情報収集します。私なりの考えとおすすめ本
を発表させていただきます。

★しあわせな生き方コース

夢をかなえるゾウ☆おすすめ☆
名言セラピー


★ビジネススキル上達コース
     1.レバレッチ勉強法(前半)
      レバレッチ勉強法(後半)
2.無料ブログseoバイブル
3.情報は一冊のノートにまとめなさい
楽して成功できる非常識な勉強法
弾言〜成功する人生とバランスシートの使い方


★億万長者コース
金持ち父さん貧乏父さん ☆おすすめ☆
自宅で不労所得を生み出すすごい仕掛け
バビロンの大富豪

タグ /

頭皮ケア特集が気になった【DIME2014年8月号】

DIME2014年8月号を購入しました。お目当ては「得するスマホ 損するスマホ」という特集が組まれていたからです。今年の11月に満2年になるんで、その準備もかねて情報収集しようと思いました。けっきょくは、スマホで何をしたいのかで決まることが分かりましたが、もう少し調べてみないと結論はでないなという状態です。


DIMEを読み進めて気になった特集は「男の頭皮ケア入門」です。シャンプーやトニック、さらにuvケア用商品まで掲載されておりましたが、その数にビックリです。こんなにあるとは。自分にあったヘアケア用品を選ぶだけでも一苦労しそうです。


まあ、それでも何の対策も髪や頭皮にしなくても髪がふさふさの男性もおられますし、自分も大丈夫かなと思ったりしつつも、頭皮ケアは早いうちにしておいたほうがいいよと言われれば心は動きます。やれることはやっておいたほうがいいかもしれませんね。


薄毛 対策 男性


タグ / 頭皮ケア

毛穴の皮脂が気になる夏になった!

女性用のファッション雑誌はダイエット系とコスメ系の特集が今月は多いようですね。地下鉄に掲示されている雑誌の広告とかをよむと世の中の流れが見えると聞いたことがあり、意識してみるように習慣化しました。


自分は小鼻の毛穴のボツボツが気になるので、消えるなら何でも使ってみたいと思うタイプです。こういう欲求に対して「これがいいですよ」と紹介するのがビジネスの鉄則なのでしょうが、いまだに商人としての道半ばです。


常に学ぶ自然を忘れないように精進したいです。とまじめことを書きましたが、夏になると汗というか皮脂が気になります。当然毛穴もなんとかしたいわけで。せめて1日の汚れはきれいに落とさないといけませんね。




毛穴隠し 化粧品



タグ / 毛穴 皮脂

脱毛関連の広告をよく見かけますね

地下鉄の広告、ポスティングされる広告でよくみかけるのが脱毛関連。若い子向けだと思いますが、最近はものすごく値段が安く設定されていますね。


これでどうやって利益をあげるのか非常に興味深いものがありますけどね。同じ部位に対して何回でも脱毛できますというサロンもありますが、別の部位は正規の料金になるんでしょうかね。


ワキや脚が王道だと思いますが、次の部位としてビキニラインが入ってくるのは、ファッション雑誌の特集でよく目にします。ワールドカップ開催中ですが、世界の脱毛事情を考えるとアンダーヘアを脱毛しない日本人というのはよく耳にする話しです。


あそこの毛を全部剃ることは基本的にはしませんよね。日本の常識が世界からみたら非常識だという例ですね。それでも最近はアンダーヘアを全部そることはないとしてもお手入れする女性は増える傾向にあります。


サロンでやるというより家で自己処理する女性が半分以上だということです。そういえば男性の脱毛も数年前と比較して急増していますね。



ムダ毛処理方法 アンダー

タグ / 脱毛

爆速で行動したい【日経ビジネスアソシエの2014年7月号】


日経ビジネス【アソシエ】の2014年7月号の特集は
「仕事が速い人×遅い人」でした。


記事の中ではヤフーの経営改革が興味深かったです。
副社長兼cooの川邊さんの話しにあった「爆速」というキーワードを、
当時巨大組織になり動きのにぶった会社に浸透させることで
意識改革が行われた部分。



言葉というのは実態がありませんが、
これほど効果のあるものなんですね。


もちろん、さまざまな改革を行ったうえでの結果なんでしょうが、
土台になる部分をしっかりすることが重要なんだと思いました。


「”コトバ”を作る」ことはお金がかかることではありません。
この他にヤフーは「褒める」「評価軸を明確にする」などをしています。


社会の動きに対して、大小関係なく組織は柔軟に体操していかないといけません。
どんな時代でも通用する考え方を大切にしながら、
ヤフーのように爆速で行動しなければいけませんね。




タグ / 爆速

座り仕事の多い女性はお尻に注意!ケアしていないと汚くなる

最近はデスクワークを中心とする女性の中でお尻の黒ずみに悩まれている人が多いようですね。ひざやひじの黒ずみという話しはよく聞きますが、お尻はあまり知られていません。というのも専用のケア用品があまり販売されていないからです。

ただし供給側が少なかったというだけであり、需要は多くあったということが分かりました。なぜならネットでピーチローズという商品が売れているからです。わたしの周りでも購入している人がちらほらといました。

座りっぱなしの女性はのお尻は摩擦とムレなど、お肌の環境としてはあまりよろしくない状態になっています。いきなり黒ずみやニキビができるということはありません。


はじめはほんの小さなのポツポツだけ、もしくはくすみや小さなシミだったりします。あと初期症状としては、出で触った感じがざらざらしているということでしょうか。これらを見流してしまうと後に黒ずみやニキビというとても目立つ状態になってしまいます。

座ることが多い、自転車に乗ることが多い女性は注意してケアしないといけません。ふだんから毎日、自分のお尻状態がどんなカンジか調べている人は少ないかもしれません。せいぜい水着の季節に鏡で少しみるだけの人がほとんどかもしれません。


気が付いたら、もしくは他人に指摘されてから自分のお尻が汚いことに凹んでしまう人が多いかも。そうなると友達に温泉旅行や海に誘われても気がすすみません。ひとに見られているのではないかという恐怖感がつきまとうからです。

彼氏とエッチしていてもバックからせめられる、後ろをみられるのがイヤという気持ちになる女性も多くなります。予防という意味でふだんからお尻のケアを心がけたいところです。もし黒ずみやニキビになってもあきらめないで専用アイテムでケアしてあげることが大切です!




座りすぎ お尻 黒ずみ




タグ / お尻ケア

お尻の黒ずみにご用心!意外に気がつきにくい部分です


お尻にできた黒ずみに悩んでいませんか?
ひじやひざの黒ずみには細心の注意をそそいでいる人でも、
お尻のほうはケアしていないことも多いハズです。


できやすい部位は太ももとお尻の境目や穴周辺かなと思います。
できる理由はいろいろありますが、硬い椅子に座っていたり、
長時間いすに座ることが多いための摩擦が考えれれます。


水着をきたときに太ももとお尻の境目あたりの黒ずみは
とても目立つので秋や冬にしっかりケアしておきたいところですね。
肌をさわってみてザラザラするな〜と感じたら見た目は大丈夫でも
予備軍かもしれませんので注意してくださいね。


汗をかきやすい女性はムレが原因でニキビもできたり
することもあるのでときどき鏡で自分の後ろ姿を見ておくことが重要です!


参考サイト
お尻 太もも 黒ずみ

素肌美人になるための スキンケア基本辞典



さいきん美容系の辞典を購入しました。素肌美人になるための
スキンケア基本辞典というタイトルの本です。

鼻の毛穴汚れが気になって購入しました。

非常に読みやすい本です。絵や写真も豊富に掲載されているので、
あきがきません。読んでいるだけでも楽しいです。

美肌になりたい!というのは女性ならば誰もが夢見ることだと
思います。重要なのは正しいスキンケアを実践して継続することです。

何からはじめれば良いのか迷うことだってあると思います。
そんな時に手元においておきたい本だと思いました。


小沢一郎氏の涙!東京第5検察審査会

今日の新聞やテレビは民主党の小沢一郎氏でもちきりですね。
東京第5検察審査会の議決がついに公開されて起訴されるこ
とになりました。

これに対して涙をながしながら「これは権力闘争だぞ」と
訴えたそうです。小沢さんに涙というのは、
なんか信じられませんが。

このニュースはしばらくテレビも新聞もとりあげると思うので、
どんな流れになるのかみていきたいと思います。
せっかくですから本も読みながら勉強しようと思います。

美容の悩みを通販生活で学ぶ


通販生活がだしている”5歳若い自分に戻る本”
を本屋で購入して読んでみました。
40代以降がターゲットのような本です。

私はこの年齢に該当しませんが、キャッチ
コピーの勉強のためにかって読みました。


さすが通販生活です。

思わず手にとって読んでみたい見出しばかりでした。
女性の肌トラブルの悩みや髪の毛の悩みなど
をついている文章なんでうまいな〜と思いました。


通販生活のカタログはコンビニでもおいているので
興味のある方はぜひ読んでほしいです。ほしいな〜
と思ってしまうものも多かったです。


にきび痕 美容液

タグ / 美容

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。