ホーム » セルフマネジメント » プレジデントにあった稲盛和夫氏のお話【達成志向行動】

プレジデントにあった稲盛和夫氏のお話【達成志向行動】


プレジデント(2014年7月14日号)に稲盛和夫氏の特集がありました。そのなかで、【自分もできる」という強い意志が重要であるという話しがありました。

何でもそうですが、自分ができるという確信が強くないと最後までことは進めることができない。さきがどうなるのかは分からないが自分なら何とかできると信じることができる。これはとても重要な利力なんだと思わされました。


さきが見えないと、前にすすむことを躊躇するよりも、「なんとかなるさ」を自分を信じて先にすすむ。それを前提として以下の公式を意識すると良いようです。


達成志向行動=動機(やらなくてはならない)×期待(自分にできそうか?)×価値(やりがい)


ここが意識できたら、次は数字をよくみる力が必要だということで、その話はまた今度書きたいと思います。


Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。